ショートボード   千葉   一宮   

プロサーファーがめちゃくちゃ分かりやすくテイクオフのコツを解説。サーフィン初心者必見!

初心者の人が間違いがちなテイクオフの動作について説明した動画です。特に立ち方にフォーカスした内容となっているので、波は掴めるが立った後にボードから落ちてしまう方、波に置いていかれてしまう方は必見の動画となっております。

初心者が間違いがちな動作と上手くいかない理由

サーフィンをする上で最初のハードルが安定したテイクオフです。同じ波は二度と来ないとよく言われますが、どんな波でもテイクオフができるように正しい立ち方を覚えていきましょう。

立てるけど波に置いてかれる、すぐ倒れてしまう、たまには立って滑れるが成功する確率が低い、そんな方は以下の動作に心当たりはないでしょうか?

両足を同時に上げ、ジャンプするように立ってしまう

ボードの上にジャンプするように立つことで足を置く位置が安定しなくなります。また勢いづいた反動で重心がぶれて倒れてしまう可能性も上がります。よほど掘れた波でなければ早く立つ必要はありません。落ち着いて立ちましょう。

腕の力だけで上半身を起こしてしまう

腕立て伏せのように腕の力だけで上半身を起こすと、肩が先に上がることで頭/目線が下がり重心が前に来てしまします。これではボードに体重が伝わらず、波の力を逃してしまう原因となります。

正しいテイクオフでの立ち方は?

では、正しいテイクオフはどのように行うのでしょうか?大事なことは重心を後ろに保つことです。テイクオフの時、波は後ろから押し上げる力が働きます。その力をきちんと受け取れるようにサーフボードの後ろ(テール)側に重心を保つ必要があります。

順番に説明していきましょう。

背中を反らせて頭を上げる

そうすることで重心が後ろに移動し、ボードにちゃんと自重が伝わります。

後ろ足から先につく

先に後ろ足をつくことで足のポジションが安定します。ケリースレーターのパイプラインのテイクオフなどをスローで再生して見ると、あと急なフェイスを降りるときも後ろ足が先についてます。

頭から起き上がる

立ちたい気持ちが先行してしまって腰が先に上がってしまうと、頭が下がってしまいます。落ち着いて頭から起き上がることを意識しましょう。

川畑 友吾プロ

身長・体重 172cm・70kg
出身:神奈川県茅ヶ崎市
ホーム:千葉県一宮
神奈川県の湘南生まれ育ち。 プロサーファーである父親の影響で8歳でサーフィンを始める。 10歳のときに良い波を求め家族で千葉に移住。その後、2012年の18歳の時にJPSA公認プロサーファーの資格を得る。 高校卒業後はプロサーファーとしてJPSAを始め、海外なども含めた様々なコンテストに出場。

川畑プロのサーフィンスクールはこちら

Recomend / おすすめサーフィン動画

”あなただけ”に対してのおすすめ動画です。